EID-Chain全部屋セキュリティスマートホームの入口

Security smart home

より便利で、より健康で、より快適で、より安全なスマートホームライフができるようにする

市場相場

モノのインターネットは新世代情報技術の重要な構成部分であり、その英文名は「The Internet Of Things」である。その名の通り、モノのインターネットは物と物をつながるインターネットである。モノのインターネット技術は多く要素によるサポートを必要とし、その中には、活力に満ちた生態系、機能の強いコンポーネント、設計の優れたソフトウェア?ハードウェアプラットフォーム、及び異なるデバイスの間の相互操作性が含まれる。モノのインターネットは、インテリジェンス感知、識別技術とユビキタスコンピューティングを通じてネットワークの融合に広く適用され、そのためコンピュータ、インターネットに続く世界情報産業の発展の第三の波と呼ばれる。モノのインターネットをホームライフに運用すること自体がスマートホームである。

家庭用インテリジェントデバイスのセキュリティセンター

モノのインターネットをホームライフに運用すること自体がスマートホームである。モノのインターネットのもう一つの大きな利点は、安全監視システムなどもともと「ハイエンドで、大規模で、ハイレベル」の企業用アプリケーションを家庭に持ち込んだことでる。市販の比較的に人気のスマートビデオカメラはシャオミ、360、Vimtag、EZVIZなどがあり、スマートクラウドカメラはナイトビジョン、スマート監視、自動スナップ、自動警報など機能が付いており、家族や財産の安全を守り、夜でもはっきりと見える。スマートカメラのほか、スマートドアロックを利用するのもいい。監視カメラのほか、窓センサ、スマートチャイム(カメラ内蔵)、煙モニターも家庭用セキュリティデバイスの選択肢であり、監視カメラと合わせて利用することで、お家のいたるところを守り、どんな悪人でもなかなか脅威にならない。異なるブランドのセキュリティデバイスがどのようにしてお互いにサポートしてお家の防犯を行うかに関しては、まだ解決できていない問題がありますが、技術が絶えず発展することによりこれらの問題が一つ一つ解決されると信じる。

EID基金会紹介

Electron-Identity生態系の展望は協力パートナーコミュニティーになることである。これらのパートナーにはブロックチェーンノード運営業者、スマートホームハードウェア開発業者、コミュニティサービス提供者、コミュニティ商業連合などが含まれる。彼らはインターネットを提供または利用することができるし、Electron-IdentityプラットフォームにてEIDを交換できる。Electron-Identity基金会は生態系のメンバーのために民主式管理を保護、促進することを目指している。Electron-Identity基金会の使命は、生物識別システムとブロックチェーン技術を利用して生物識別与信デジタルID支払を実現し、3キロメートルスマート生態圏を作り上げることである。?

協力パートナー

關於

銘光正訊について

北京銘光正訊科学技術有限会社は2013年に中国北京(望京)革新発展園に進出し、園区の革新基地内のインキュベーターハイテク企業である。銘光正訊科学技術は企業設立以来、中関村望京留創園区、中関村管理委員会、朝陽区政府及び海外学人センターなどを含む各部門の広範な注目と支持を受けている。

銘光正訊科学技術は長期にわたって指紋識別、顔識別、虹彩識別製品の研究開発、生産、販売とサービスに力を入れている。長年のコア技術の蓄積と製品プロジェクトの応用により、ユーザーに製品企画、ハードウェア設計?生産、ソフトウェア開発から製品応用などでの一連の端から端までのサポート用解決案を提供することができる。

Image

解決案

トップAI技術の構造

Image

News

指紋識別

指紋(英語名:Fingerprint)は、終身不変性、唯一性と利便性を持っているため、ほぼ生物特徴識別の代名詞となっている。指紋とは、人間の指先の正面皮膚に隆起した線により出来る紋様である。隆線の規則正しい配列により異なる紋様が形成される。隆線の起点、終点、結合点と分岐点が指紋の細部特徴点(minutiae)と呼ばれる。指紋識別はこの紋様を利用したものです。

Image

News

顔識別

顔識別技術は、人間の顔の特徴情報に基づいて身分を識別する生物識別技術である。ビデオカメラやカメラにより顔を含む画像や動画ストリームを採集し、そして自動的に画像の中から人間の顔を検出、追跡し、さらには検出された人間の顔に対して一連の関連顔面技術を施し、通常人像識別、顔面識別とも呼ばれる。

Image

News

虹彩識別

虹彩識別は目と関わる生物識別の中で比較的に人に対して妨害が少ない技術である。かなり一般的なカメラコンポーネントを使用しており、ユーザーが機器と接触する必要がない。また、より高いテンプレートマッチング性能を実現させる能力がある。そのため、様々な人の注目を集めている。すべての生物識別技術の中で、虹彩識別は今のところ最も便利で正確に応用できる一種である。

固佳ブラック「マイナー」指紋ロック

そのアルゴリズムはアメリカFVC指紋識別世界コンテストの第1位を獲得したことがある
新世代小面積 携帯/組み込み式 指紋アルゴリズム

  • Image

    世界初のイニングができる指紋スマートロック

    指紋ロックは家庭にとって硬直的需要であり、高頻度入口であり、ブロックチェーンが 公平契約メカニズムを提供し、購入したユーザーはトークンを得ることができる

    Image

    一つのロックで全てのドアに互換でき、穴あけが要らなく、ロック?シリンダを任意に取り換えられる

    互換性が高く、市販ロックの95 %以上にマッチできる

    Image

    史上最も薄い指紋ロックであり、全てCNC加工を採用する

    加工品質が安定し、加工精度が高く、繰り返し精度が高いCNCプロセスを採用する

  • Image

    インストールが便利で、ユーザー自身が説明書に従ってインストールできる

    非常に容易に取り付けられ、手作業の苦手な方も説明書に従って素早くインストールできる

    Image

    USB充電を採用し、半時間の充電で1年間利用できる

    スマートチップを内蔵しており、節電率が90%であり、電池の交換が要らなくてUSD充電を採用し、半時間の充電で1年間利用できる

    Image

    公安部認証の指紋アルゴリズム

    世界トップ指紋識別チームが開発し、その技術はすでに銀行、政務、医療など複数の業界に用いられている

技術運用実例

マイルストーン及び未来計画

Electron-Identity基金会トークンEIDを発行する

2018年3月

EIDトークンを次々に世界中の各仮想通貨取引所に上陸させる

2018年4月

固佳ブラック指紋スマートロックマイニング版の初歩的なブロックチェーン改造が完成される

2018年4月

Electron-Identityのの「スマート契約」1.0 版をオンラインにする

2018年5月

固佳小黒指紋スマートロックを各電子取引プラットフォームにおいてオンラインにし、前売りを始める

2018年5月

Electron-Identity基金会が日本においてデータ研究開発センターを設立する

2018年6月

Electron-Identityコミュニティオープンプラットフォームの構築が完成さ

2018年7月

Electron-Identity の「スマート契約」2.0 版をオンランインにする

2018年9月

Electron-Identityが生物識別与信デジタル ID支払を実現する

2018年11月

Electron-Identityコミュニティ3キロメートルスマート生態圏が完成される

2018年12月

ハードウェア端末ユーザー

Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo

協力パートナー

Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo

基金会顧問

Team member 1

David Buttress

基金会の首席プロジェクト顧問

JUSTEAT Plc会社の元CEO、企業家、エンジェル投資者と83North VCファンドのパートナーである。JUSTEAT Plc会社創設からIPOまで11年間に及ぶ豊富な仕事経験がある。イギリスのデブレットで2014、2015と2016年のイギリスのデブレット最も影響力のある500人に評された。2016年度Glassdoorトップ5首席執行官CEOに選ばれた。

Team member 1

Yike Guo

首席技術顧問

YikeGuo教授はインペリアル?カレッジ?ロンドンのコンピュータ学部のコンピュータ科学教授を務めている。インペリアル?カレッジ?ロンドンのデータ科学研究所の創始主任であり、同時に同研究所の科学発見グループをリードしている。また、tranSMART基金会の最高技術責任者CTOを務めている。TranSMART基金会はデータの共有と分析技術を開発してそれを転化医学研究に利用させるグロバルオープンソースコミュニティである。

Team member 1

Aggelos Kiayias

首席科学者

Aggelos Kiayiasは、ニューヨーク都市大学の博士号を獲得しており、ネットワークセキュリティとプライバシー分野に力を入れており、エディンバラ大学のブロックチェーン技術実験室のスーパーバイザーである。IOHK会社でブロックチェーン技術の首席研究者を務めている。研究分野はコンピューターセキュリティ、情報セキュリティ、応用暗号学を含み、ブロックチェーン技術と分散型システムの暗号学基礎、電子投票と多方安全プロトコル及びプライバシーと身分管理に特に得意である。

Team member 1

Chris Morris

首席運営顧問

イギリスの中小企業の製品とサービス業務において、非常に成功した販売経験を持っているベテランである。現在JustEatのエリアマネージャーを務めており、JustEatは1.96万以上のユーザー及び7.87万軒の協力レストランを持っており、その食品にはビザ、寿司、ハンバーグ、ロールパイなどが含まれる。

Team member 1

Steve Young

基金会の顧問

Steve Young教授はイギリスケンブリッジ大学情報工学部の情報工程教授である。2001年から2004年にかけて、ケンブリッジ大学技術学院の主席を務め、大学総務委員会のメンバーであった。2006年から2009年にかけて、ケンブリッジ大学理事会のメンバーに選ばれた。2009から2015年にかけて、ケンブリッジ大学の計画と資源管理を担当する高級副校長を務めた。イギリスロイヤル工程院の院士、イギリス工程技術学会(IET)、電気と電子エンジニア協会(IEEE)とRSAのメンバーである。

Team member 1

Peter Williams

基金会の顧問

Peter Williamsは小売業、レジャー業、メディアや消費品など消費者向けの企業にて30年余り勤めたことがある。Boohoo.com有限公司のオンラインファッショ小売の主席である。U&Iグループの主席である。ドミノピザのアジア区とヨーロッパ区の主席、トルコやロシアにおける店舗の所有者である。イギリス最大の不動産ポータルサイトであるRightmove有限会社の高級独立取締役である。

Team member 1

Miguel Silva

基金会の顧問

リスボン理工大学修士号を取得しており、世界最大の支払サービスを提供する会社に20年以上高級支払システムアーキテクトを務めた経験があり、中にはGemstone Payments会社、Powa会社(首席アーキテクト)とSIBS会社が含まれる。

Team member 1

Krishan Wyse

基金会の顧問

イギリスブルネル大学の名誉学士号(一等名誉)を取得しており、 Goldman Sachs会社で3年間高級バックエンド開発専門家を務めたことがあり、Curve会社(1枚のスマートカードまたは携帯APPを通じて全ての個人銀行口座に接続できる科学技術金融会社)会社でバックエンド開発専門家を務めた経験がある。

EIDトークン配分

総計100億 ETH:EID = 1:52500

20
%

消費者が採掘する

20
%

POS採掘をする

15
%

Dapp開発刺激

10
%

市場?コミュニティ

10
%

生態系の活性化

20
%

財団運営

EIDを知るための9つの質問

スマートホームはどのように運行しているのですか?

スマートホームは先進的なコンピュータ技術、ネットワーク通信技術、総合配線技術、医療電子技術を利用して人体工学原理によって個性的な需要を融合し、ホームライフに関わるセキュリティ、照明制御、カーテン制御、ガスバルブ制御、情報家電、シーン連動、床暖房、健康保健、衛生防疫、防犯などのようなサブシステムと有機的に結びつけ、ネット化した総合スマート制御と管理により、「人間本位」の全く新しいホームライフ体験を実現する。

どうしてスマートホームデバイスを使うのですか?

出かけてお家に人がいない場合、草や花、魚の世話をどうすればいいのか?定時的且つ定量的に自動で花に水をやり、魚に餌をあげるように設定することができるため、科学的で安心できる。お家にはたくさんの家電があり、各種のリモコンが面倒ですが、ワンキー制御を利用することでとても便利になる。暑い夏は家に着く前にエアコンをつけて室内を人間の体にとって一番いい温度に保つことができ、着いたとたんにその快適な温度を楽しむことができる。
安全、省エネ、便利という利点がある。もっとも心配されることは留守中にお家に泥棒が入られることであり、スマートホームデバイスがお家に次から次へと防御線を築き、偽善者の逃げ場をなくさせ、警報が触発される同時に携帯にも警報通知を発信し、その損失を免れる。お家の電気製品や各種照明が必要な時に自動的に付ける又は消す。生活の質を向上させる。年を取った家族がいる場合、子供たちが出掛けるとどうしても突発事故が発生するかもしれないと心配するので、そういう情況が発生したら高齢者が緊急ボタンを通じて救急電話につながる同時にその子供たちの携帯に情報を発信できる。

どうしてスマートハードウェアはElectron-Identityブロックチェーンと協力しないといけないのか?

スマートホームのハードウェアデバイスがぞれぞれ機能しているため、その統合性は極めて低いので、ユーザーがなかなか一つのアプリケーションで速やかに気になる全てのハードウェアデバイスの信用状態やリアルな履歴データを検索できない。ブロックチェーン技術の中の多方確認、アカウントの透明性、履歴記録を改ざんしてはいけないといった特性が、十分にリアルシーンの「真実」状態と追跡検査に対する需要を満たせる。スマートハードウェアがネットワークを通じて日常的な行動データをチェーンに提出した場合、1つの「ブロック」を持つことになり、以下を実現できる:
(1)高速取引検証:イーサリアムの共有チェーンによって提供された署名アルゴリズム、共通識別メカニズム、帳簿貯蔵などキーとなる取引部分を通じ、秒レベルの高速取引検証を実現できる。
(2)取引スマート契約:スマート契約はデジタル形式にて定義されたコミットメントセットであり、Electron-Identityは行為データ、ハードウェアデバイスの異なる状態によりスマート契約を作成し、ブロックチェーンが契約の参与側として契約のメンテナンスと保存を行い、その契約は自動的に執行される。
(3)アクセス統合:オープンプラットフォームを通じてプラットフォームに接続している全てのハードウェアデバイスを統合し、APPにてその接続している全てのデバイスの状態と使用データを検索する。

ユーザーの生活データは安全なのですか、プライバシーが保護されているのですか?

家庭ユーザーはプライバシーと個人情報の安全性を特に重視している。現在、第三者を信頼する必要のある中心化された解決案はユーザーに授権されずにユーザーデータを収集?分析することができるが、Electron-Identityのユーザーデータはユーザー自身が権限を許可するかどうかを決めることができる。

スマートホームデバイスとElectron-Identityブロックチェーンはどんな関係があるのですか?

EIDトークンはEID基金会がモノのインターネットやスマートホームのため発行したイーサリアムERC20トークンであり、ブロックチェーン技術とスマートAI技術を基に、EID協力パートナーのスマートハードウェアを通じて獲得する。EIDトークンは今後スマートホーム、ライフサービス生態の発展などの面に応用される同時に、EID生態系の中で価値流転の媒介として、ユーザーにスマートホームがもたらした便利な生活の体験を楽しませる。

Electron-IdentityブロックチェーンプロトコルとEIDトークンは何ですか?

Electron-Identityは新しいブロックチェーンプロトコルであり、一体化のスマートホームやスマートコミュニティサービスの応用のため開発、設計、最適化されたものである。ブロックチェーンに基づく「仮想機」やチェーン外で操作する中流ソフトウェアスタック定義モジュールを含み、それにより実際にネット上で作用するスマート契約が管理する中心化を取り除くプログラムをサポートする。
EIDは原生暗号化トークンであり、統合してElectron-Identityネットワーク及びネットワーク配置方式アプリケーションに利用されるために作り上げられたものである。
EIDはイーサリアムにおいてERC-20に適合するTokenを利用して発行及び応用を行う。

EIDトークンを開発した目的は何ですか?

1.Electron-Identity製品の消費者になるようにコミュニティのメンバーを奨励、激励する。例えば、Electron-Identityネットワークに接続している製品を購入して使用した消費者であれば、EID奨励を得ることができる。具体的な奨励数量の計算方式として、前期には毎日の奨励データ総計である10万枚のEIDをオンライン商品数総計によって平均的に分配し、一つのデバイスに10枚のEIDを上限とし、下限を設定せず、後期には奨励総数を奨励池余剰総数によってアルゴリズムの縮小を行う。
2.ユーザーがデバイスの履歴データを検索する場合、EIDを支払う必要がある。
3.第三者のスマートハードウェア製品チームがElectron-Identityに接続する場合、EIDを消費することになる。
4.第三者のコミュニティサービス運営チームがElectron-Identityサービスシステムに接続する場合、EIDを消費することになる。
5.EIDをElectron-Identityコミュニティ製品やサービスを購入するための指定トークンとする。
Electron-Identityスマートコミュニティ生態系を構築するため、ブロックチェーン技術自体に対して実質的な研究と開発を行う必要がある。銘光正訊は既にある種の革新的なブロックチェーンプロトコルを開発し、それを利用してブロックチェーンネットワークの中で「スマートビジネス契約」と呼ばれる復雑な商業取引をサポートし、またEIDをその新しいブロックチェーンプロトコルの原生トークンとする。

Electron-Identityを利用して様々なシーンで応用される実例はどういうものがありますか?

銘光正訊はElectron-Identity製品を利用する初のビジネスアプリケーションになる
Electron-Identity製品に利用されるブロックチェーン技術は授権した使用過程、サービス体験の流れ、資金の流れを全て分散型にて各ノードに記録する。そうすることで商業チェーンの各方にとって公平で公開された情報過程があるようにする。
次に、Electron-Identity製品の研究開発は生物識別システムに基づき、安全性水準を大幅に向上し、人為的な要素ミスと道徳リスクを下げ、偽装コストと鑑定評価効率を高める。
銘光正訊はElectron-Identityネットワーク接続基準に合わせ、統合してスマートコミュニティサービスを作り上げるため、既存製品ラインに関する研究開発成果を徐々に基準の改造を行おうとしている。

今後第三者機関に授権してElectron-Identityに接続させる計画は何ですか?

今後、Electron-Identityにより多くの商業テナント、機関と開発者が接続することになる。データセキュリティのため権威のある認証が必要なので、接続する機関はElectron-Identity基金会に認可される必要がある。そうしないと、Electron-Identityオープンプラットフォームに接続する権限がない。
接続予定機関には、スマートホームハードウェア生産メーカー、コミュニティサービスプロバイダー、レジャー娯楽サービスプロバイダーなどが含まれる。各機関がオープンプラットフォームに接続する前にElectron-Identity基金会の認証を獲得する必要がある。

お問い合わせ

APPダウンロード

近日オンライン予定!

见财就收才会赢手机登录